記事一覧

確認事項-モテに関して-

以下、自然にそう思っているという前提で。モテたい。と思っていると変わらない。モテよう。と思っていると変わる。モテてる。と思っていると変わらない。モテた。と思ってると変わる。モテについて何も思わなくなると、ふさわしい相手が現れる。モテない。と思うと変わらない。どれを思えるかは個人の意志を越えたところで決定する。ただ、別の事を思い続けて、モテについて思いが巡らないようにする事は個人の意志でできる。なる...

続きを読む

記録(仮題)7

射精禁:0日 エロ禁:0日 勃起禁:0日 カウパー禁:0日 ~今回長いので概要~今回の更新はセクリセ(午前5時)後一時間以内に書き始めて、半日強ほどの時間、ヒマを見て文を追加したので長いです。箇条書きにすると、あんな練習積んだのに射精しないセックスに失敗した。コスパを考えて中~長期射精禁。ついでにモテ禁。モテ以外のやること探し。とりあえずSS目指す。数時間で「ヤツ」(悪魔のささやきのようなもの)と「あちら」(...

続きを読む

わかりやすい単語が書かれてるのありがたい

私は禁欲したら求道に向かってしまうので、一応なるべく良さそうな情報をヒマを見てはさがすのですが、その際思いつく検索ワードが、例えば…神秘法真理奥義神秘奥伝宇宙無意識潜在意識等。次点 法則こういう単語を含めてくれるとありがたいです(誰へ?)なんなんだろ...

続きを読む

記録(仮題)6

射精禁:7日(セックス・夢精・オナ禁)エロ禁:0日(エロコンテンツ、エロ妄想禁止)勃起禁:3日(エロ勃起禁止。朝勃ちは禁じない)カウパー禁:3日(エロカウパー禁止。目視次第。)・丸一日かけて書いたエントリが消えた。そういう事になるから書き方を改めろと言う啓示だろう。・思い出せる概要。オナ禁を独立カウントせず、射精禁カウントに統合。カウパー禁カウントを新たに追加。電車効果は先ず良い乗客であることが享受の前提条件...

続きを読む

なんか思ってたんと違う

女人を介してふれあいリセットは陰気と陽気が交換されてるしリセットじゃないかも。と思って今回オーラルでリセットしましたが、ただオナニーでリセットするより色々しんどいような気が。房中術に限らず、様々な禁を微に入り細に入り分類するなど、オナ禁研究を深めようなどとスケベ根性を持ったのがよくなかったのかもしれない。何のために禁欲しているのか?わからない。ただ、自分に嫌気が差している。そんな自分に禁欲を。なぜ...

続きを読む

記録(仮題)5

オナ禁:125日(オナニー禁止)オプション 射精禁:6日(セックス・夢精・オナ禁) エロ禁:0日(エロコンテンツ、エロ妄想禁止) 勃起禁:2日(エロ勃起禁止。朝勃ちは禁じない)・朝の元気ぶりを誉められる。ここひと月ほど元気がなかったらしい。この数日イキイキしてるとのこと。遅れてきたSS効果(スーパーサイヤ人効果の略)だろうか。・味覚が変化梅雨っぽくて湿気のせいかもしれないが、なんか珈琲とか納豆とか麦茶とかに共通する...

続きを読む

記録(仮題)4

オナ禁:124日(オナニー禁止)オプション 射精禁:5日(セックス・夢精・オナ禁) エロ禁:1日(エロコンテンツ、エロ妄想禁止) 勃起禁:1日(エロ勃起禁止。朝勃ちは禁じない)・うぬぼれてた自分はそれでも救われない。とか思っていた。実は十分救われてた。下手したらこれ以上はないかもしれない。・ちょっと行き当たりばったりすぎた。初期衝動みたいにブログ始めたからブレブレ。各方面に迷惑かかるようなかからないような。一応...

続きを読む

OMG!ワタシそれすら許されずに。

-以下、引用。-※注意:2015年の禁軍解散以降は破廉恥が無い状態・志向しない状態を荒野と定めた。-引用ここまで。-当ブログ第一章「荒野ゆこうや」は定義をミスったためこれにて終了です。第二章開始です。ハレン志向しながら絶望の淵、希望があるのか無いのか考えずに歩く。初めから誰もいなかった。荒野にオレはいなかった。甘いのかな。まだどん底があるのかな。あのマントラ、もう言えないや。なんなんだろうね。...

続きを読む

読んだのに忘れてた、見たのに見えていなかった。

タイトルに荒野といれてるのは、オナ禁界隈で知った、今は解散された彼の軍勢の言葉から引用したのですが、なんか荒野の定義をよく知らないことに気づき、それなりにワードを連ねてググったら、代表、前代表のお二方がブログのタイトルの一部ににKOYA(荒野)と…。非常に恐縮しておりますが、他に自ブログのタイトルも思いつかないので思いつくまでしばらく恐縮して生きます。何なんだろ...

続きを読む

博学な人も案外知識偏ってるのか

私には「敬愛すれども盲信せず」と誓わねばどこまでも心酔してしまう憧れの禁欲者の方がいる。いや、いた。当ブログ「荒野ゆこうや」はその方の御業(ある記録のサルベージ)とその後起こった事(ある意味奇跡とも呼べる程の事)をきっかけに書く気になった。その憧れが今日親しみへ変わった。彼は私が知っていることをすべて知っていると言うような気がしていたが、そんなことはないと分かった。彼は常々「ノーフューチャー」とか「俺...

続きを読む